« “陰の立役者”は誰なのか。 | トップページ | キッズステーションぷちうさぎぐみ 7月の様子♪ - サークル・ルーム »

2018年7月12日 (木)

人情人は情に流れやすいから

ようこそ、おいでやす!今日もご訪問、おおきに!()

今日も、暑く、湿気でジメジメしています。
でも、家で暮らせることほど、幸せはありません。

熱中症にならないように、気を付けていきましょう!

山梨に参ります!プードル壁(〜)

おふたりとも、クラシックな装いですね。

広島公演はどうなるのでしょうか?
ちなみに、今週行われる予定だった、広島VS阪神は、中止になりました。
当たり前だと思います。こんな状況で、野球どころではありません

真央さんのツアーがいく頃には、どうか、被災地の復興が進んでいますように
人は情に流されやすいものです。
同情心というものは、人間の情に必ず、存在しています。
不利な状況、不条理な出来事、人は自然と応援したくなるものです。
これを同情心というのは、また違うかもしれませんが、
こんなに過酷な状況にいるなら、こちらを応援したいという気持ちにも
なります。

そして、スポーツで、あるチームや選手に、感情移入してしまう場合もそれがあります。
そして、
彼らが、渾身のプレー、演技、生きざまを魅せてくれたとき。
となると、すぐに思い出すのが、ソチです。

そうなんです、人は、そんなシーンに心を奪われるのです。
今朝、起きて、テレビをつけたら
後半20分過ぎ、イングランドが1点、先取して有利と思われた時に

えええええええええ!という感じで、クロアチアのゴールが決まって同点!
一転して、延長戦まで持ち込まれて
これもまた、ええええええええええ!という感じで、クロアチアが逆転。
正直どちらのチームの選手たち、全員、精根尽き果てていた延長戦でした。
どちらが有利ともなく、なんか、ちょっとした隙間で、クロアチアがチャンスを
ゲットしたような
でもねぇ、自分も人間として、ちょっと、イングランドよりも、クロアチアよりだったのよ!
イングランドのマスコミが、対戦するなら、日本は恐怖度1とか、上から目線だったから。
見始めた時は、クロアチアが不利でしたが、同点の後、なんか、クロアチアが一気に
元気づいてきたんですよね。
同点になったら、なんか、逆転されるケースが多いような
日本とベルギーも。同点にされたら、最後の砦がみたいな心情になるのでしょうか?

でもなんか、イングランドも、勝てば、60年ぶり?の決勝とかなんとか、言っていたので、
意外に優勝していないんだベスト4も、3大会ぶりとかいってた?意外でした。
イングランドベッカムの自分(;A

しかし、昨日の、フランスVSベルギーといい、この一戦と言い、残ったチームは
やっぱり、強いわ!全然違う素人ながら思いました。
で、実況アナ、大変だったよねぇ
クロアチアの選手の名前が、
ほとんど、ッチがついて。なんとかッチがさく裂!
モドリッチマジ?と思うぐらいでした。

あ、モドリッチが戻りましたね!しゃれか(;A
でも
モドリッチ選手のプレーにはなんだか、感情移入してしまいましたよ!
全然ファンでもないのにピッチに彼の生きざまが反映していたからでしょうか?
倒れても起き上がる倒れても起き上がる泣けてきた

いつのまにか、クロアチア、がんばれ!状態の自分でした。(-)

決勝は、
クロアチアVSフランスとなりました。
そして、クロアチアは、こんなに不利なんだそうです。

-1日の休息1試合の疲労クロアチアを襲うW杯史上最大の消耗戦

21回目を数えるW杯の決勝戦はフランス代表対クロアチア代表に決まった。20年ぶり2度目の戴冠を狙うフランスに対し、クロアチアが勝てば初優勝。だが、W杯史上最大級の疲労がタレント軍団を襲うことになりそうだ。

クロアチアの決勝トーナメントは死闘の連続だった。1回戦のデンマーク戦は勝ち越しの懸かるPKをMFルカモドリッチが止められたが、PK戦でGKダニエルスバシッチが3本を止め、辛くも準決勝進出を決めた。

準決勝の相手は開催国のロシア。延長前半にリードを奪ったものの、終了間際にセットプレーから追い付かれ、両チームともに2試合連続PK戦という展開を迎えた。ここでもスバシッチの活躍で勝利。1982年のアルゼンチン以来2例目となる1大会でのPK戦複数勝利を果たした。

そして迎えた準決勝、初めて先制点を奪われる苦しい展開となったが、後半にFWイバンペリシッチのゴールで同点に追いつき、延長戦で勝ち越し。3試合連続の延長戦は1990年のイングランドに続いて2例目だが、PK戦を経験したのは唯一。また当時のイングランドは準決勝で敗北。すなわち史上最大の消耗を経ての決勝進出を成し遂げた。

フランスとの決勝戦は15日に開催。これまでグループリーグ最終節から中4日、中5日、中3日と来ているなか、再び中3日での対戦となる。中4日で臨むフランスに対し、過去3試合で1試合分(延長30分間3)多く戦っているともいえるクロアチア。まずはコンディションを最優先に整えたいところだ。


史上最大の疲労

まさに、クロアチアは、死闘です。
そうなると人の心情は傾いてしまう
自分なんて、クロアチアにまったく関係ないし、縁もゆかりもないのに
がんばれ!クロアチア!と望んでるのがコワイ(;)

世間もそうみたいな(;)

これだけ不利な条件がそろうとクロアチア応援しちゃうなぁ

状況悪い中強さのあるクロアチアに優勝してほしい。1票入れます。

これで優勝したらカッコ良すぎる

そんなもんです!

不利な条件、冷遇されている選手に対しては
人間の心情として、やっぱり、捨て置けない!となるんだよ!

昨夜のドラマ、もうひとつ。
一方彼は

錦織に高いジョコの壁13連敗勝ち方見つけられん

フェデラーさんも酷い敗戦だったそうですね。

ひどい敗戦にフェデラー落胆、ウィンブルドンでまさかの大逆転負け

コメントの内容が深いェ
負けに不思議の負けなしとノムさんが言ってたけれど
いつも多くのアスリートが言うのですよね。

何かが足りないと。
これは実社会の仕事でも同じだと思います。
でも、その、何かが、そうそう見つからないのも現実です。
残念ながら

で、こちらも、ベスト4が揃いこういうことだそうです。

おっさんウィンブルドン初の4強全員30代

おっさんというだけで笑これもまた感情移入しそう
おっさん、がんばれ!

さて、フランスメディアは、イングランドと同じミスを犯さないように

日本代表にだけではなく、クロアチアにもこういう発言をしていたそうです。
口は災いの元だねぇこれで、クロアチアに火がついた!んだね!

心を打ったモドリッチの全身全霊。リスペクトすべきだったと英メディアには苦言

どこの国も、メディアはうかつ!ですね。

今日の格言名言

人間の最高の美徳はつねに忍耐なり。
カトー

最後まで、お付き合い、おおきに!どうか、ひとぽち、お願い申します!

にほんブログ村

にほんブログ村

おばちゃんに無断で、ブログの記事の転載転用はあかんよ!

« “陰の立役者”は誰なのか。 | トップページ | キッズステーションぷちうさぎぐみ 7月の様子♪ - サークル・ルーム »